保元の乱・平治の乱はその乱の背景と対立の構図を丸覚えしなければいけません

整理して覚えましょう
・保元の乱

1156年に勃発

背景には天皇家と摂関家の内部対立がありました

この乱の特徴は公家内部の争いに武士が軍事力として動員されたことですね

対立の構図としては以下の通りです

後白河天皇方・・・藤原忠通・源義朝・平清盛
   VS
崇徳上皇方・・・藤原頼長・源為義・平忠正

これは後白河天皇方の勝利に終わりました

・平治の乱

1159年に勃発

背景には院の近臣・武家の棟梁間の争いがありました

藤原信頼・源義朝
  VS
藤原通憲・平清盛

これは平清盛側が勝利しました