室町幕府は足利将軍を頂点とする守護大名による連合政権でした

守護大名が非常に重要な役割を果たしたんです

その性格を見ていきましょう
守護大名は南北朝の動乱期に権限を拡大し、守護領国制を形成していきました

守護大名が納める土地は京から一定の距離があるわけですが、守護大名自身は在京し、幕府に出仕しており、実際の統治は守護代が行っていました

室町時代には大きな力を持った守護大名ですが、その権力は独立したものではありませんでした

というのも、守護の地位は幕府の将軍によって任命されるので、その権威は幕府、具体的には将軍に依存していたんですね

その経済的な基盤は荘園公領制に基づいていて、半済令や守護請などが収益となっていました