寺社は時代によっては強大な力を持っていました

江戸時代には独自の制度で寺社を統制していたんですね
寺社統制についての論述は知識の羅列に等しいので丸暗記しましょう

まず、寺社奉行が寺社の監督を行っていました

諸宗寺院法度で宗派を超えて仏教全体を統制していました

また、本山・末寺制度で宗派ごとに組織されました

寺請制度の下では檀那寺所属の義務が課せられ、寺院は民衆を支配、統制するのに用いられました

これは寺院の世俗化に繋がりました

このような世俗化への繋がりとしては宗門改による宗旨人別帳の作成も挙げられます

これは戸籍と同様の働きをしました

このように、江戸時代の寺院統制は、宗教としての寺院としての側面と、民衆を支配するための手段としての寺院としての側面の両方を兼ね揃えていました

民衆支配の具体例である、寺請制度と宗旨人別帳の役割は忘れがちなので必ず覚えておきましょう