幕府には鎌倉幕府、室町幕府、江戸幕府の三つがあり、それぞれ異なる特徴があります

鎌倉幕府の特徴は論述の頻出ネタなので必ず整理しておきましょう

鎌倉幕府の特徴として重要なものは二つあります

それは

1公武二元的支配

2封建的主従関係

です

1公武二元的支配

鎌倉幕府は幕府と朝廷による公武二元的支配がなされていました

上のフレーズはそのまま丸暗記してください

非常に重要です

ここで、公は朝廷、武は幕府を指すわけです

鎌倉時代というと鎌倉幕府の印象が強いですが朝廷も国司の任命をして公領を支配していたんですね

その一方で幕府も守護や地頭を配して治安維持を担当していました

このような二つの面があったことを覚えておいてください

2封建的主従関係

この封建的主従関係とは要するに土地を仲立ちとした主従関係です

将軍は自らに従う者の土地を保障してやると同時に新たな土地を与えたんですね

これが本領安堵新恩給与です

このような御恩に対して、武士は戦時の軍役や京都大番役などの奉公を行うわけです