室町時代にはの成長が見られます

そもそもが何なのかも含めて論述ポイントをさらっていきます
とは特権的同業者組合です

ちょっとこれだとわかりにくいですね

もうちょっとわかりやすくしましょう

座っていうのは早い話が商売をする人たちの集まりなんです

それで、その集まりだけ、特定の恩恵を受けることができるんですよ

そうすることで特定の人々が自分たちの既得権益を守ってきたんですね

具体的にどのような特権が得られたのかというと

仕入れ、販売の独占、関税の免除、座役の提供などですね

有名な座としては大山崎油座北野神社酒麹座などがありますね

このような座は寺社などの保護を受けていたんですよ

この保護の下で商業は成長していったんですが、問題も出てくるんです

座に加わらない新興業者が増えてくるんですね

そうすると座には既得権益があるわけですから座と新興業者での対立が起きてしまう

このような対立が商業の発展にブレーキをかけるんです